ホーム> もくじ> ページ1> ページ1

イラスト入り葉書を作る(Word2007)

テキストボックスの使い方を覚えましょう

Wordで文書を作るばあい、特に小さな葉書などにレイアウトする場合は、文字をテキストボックスの中に書くととても便利です。是非覚えましょう。

 

ページレイアウトタブで、用紙サイズ:はがき、余白:やや狭い を選択し葉書の用紙を作ります。

好みのクリップアートを挿入して、ちょうど良い場所にレイアウトしておきます。あとからいくらでも動かせますので、おおよその場所、おおよその大きさでかまいません。

葉書にクリップアート

テキストボックスを作ります

挿入タブの中にあるテキストボックスをクリックします。

挿入タブ

出てきたメニューの一番下にある横書きテキストボックスの描画を選びます。

サンプル

Wordのページの上で、ポインタが十字に変わります。

テキストボックスを書くポインタ

この状態で、マウスを対角線にドラック(左ボタンを押したまま動かす)して、テキストボックスの四角形を作ります。好みのサイズになるまで、マウスから指を離さないことがコツです。

テキストボックス

この枠の中に、カーソルを入れて、文章を入力していきます。

サンプル

入力が終わったら、外枠の上にポインタを置いて、その位置でクリックします。枠の形が変わるのが分かると思います。この状態だと、テキストボックス全体が選択されていることになり、文字のスタイルなどを変更することができます。

サンプル

フォント(文字)の書体や、大きさ、色などを変更したいときは、ホームタブをクリックします。書式設定のいろいろなボタンがありますので、ここで上のように変更しましょう。

テキストボックスを扱うための大事なポイント

テキストボックスは、最初に作ったときは、塗りつぶし(枠の中の背景)が白になっています。また外枠に黒い線が引かれています。これらの塗りつぶしの色や線の色を変更したり、消すことが出来ます。

テキストボックスの外枠の上にポインタを置いて、その場でダブルクリックをして、リボンの中に、テキストボックスのボタンを表示させます。

まず、塗りつぶしの色を消しましょう。白い色が背景にあると、クリップアートなどに重ねると、絵を隠してしまって困ることがあります。

図形の塗りつぶしをクリックして、メニューの中から、塗りつぶしなしをクリックします。

テキストボックスの塗りつぶしの色

次に、線を消しましょう。黒い枠はとても邪魔ですね。図形の枠線をクリックして、メニューの中から、線なしをクリックします。

テキストボックスの線の色

小さめのテキストボックスをもうひとつ作って、そこには自分の名前を入れましょう。これで、イラスト入りの葉書が出来上がりました。

イラスト入り葉書

 

Word2003のテキストボックスの扱い方は、次のページで説明しています。

次のページへ

先頭へ戻る