ホーム> もくじ> ページ1> ページ2

年賀状を作りましょう(Word2007)

ワードアートで題字を書きましょう

まず最初に、ページレイアウトから年賀状のページを作っておきます。
サイズ:はがき 余白:やや狭い を選ぶと良いと思います。

 

年賀文字をワードアートで書き入れましょう。ワードアートは、挿入タブの中の右の方にあります。

ワードアートの挿入

クリックすると、このようなウィンドウが出てきます。

ワードアートの画面

このようなデザイン文字がすぐに作れます。このサンプルの中からイメージに合うものを選んでクリックしましょう。縦書きの文字は右側の一列だけになりますので、この中で選びます。飾りが無いものを選ぶなら、一番上のスタイルが良いでしょう。

クリックすると、次のウィンドウが表示されます。

ワードアートの挿入

「ここに文字を入力」という例文が青く選択されている状態のままでしたら、このままキーボードから文字を入力すれば、上書きされます。わざわざ例文をDelete(削除)する手間が省けます。

ワードアートの挿入

年賀状用の題字なので、2行になりました。2行目はスペースキーを打って、一文字分下げています。

書体を変更しましょう。フォント欄をクリックして、行書体を選び年賀文字らしくしました。これで右下のOKボタンをクリックします。

ワードアートの挿入

はがきのページ上に題字が貼り付けられます。

張り付いたワードアートはクリップアートや写真と同じ状態です。このままでは動かせませんので、文字列の折り返しで、前面を選びましょう。そして、ちょうど良い場所に移動しておきます。

ワードアートの挿入

縦書きの文字が、中央揃えで並んでいると思いますので、頭を揃えるために、左揃えを選びましょう。横書きを主体としているので、左となっていますが、これが縦書きの場合の上揃えになります。

ワードアートの挿入

文字の色などを変更しましょう

ワードアートは、張り付いた文字を好みの色やスタイルに後から変更することができます。文字色を変えてみましょう。

ワードアートの文字は、塗りつぶし(中の色)部分と、文字の輪郭(枠線の色)の部分と別々に指定してあります。まず、文字の塗りつぶしを変更します。

塗りつぶしの色

表示されている色の中に好みの色がないときは、その他の色をクリックしますと、カラーチャートが表れますので、この中から選ぶこともできます。

その他の色

次に、文字の輪郭をクリックして、線なしを選びましょう。筆文字風にするために、今回は枠線を入れないようにしました。

文字の輪郭

これで年賀文字が完成です。

 

本文は、テキストボックスを使って書き入れましょう。

クリップアートは、「年賀」とか「お正月」などのキーワードで検索すると、年賀状用のイラストが見つけられます。挿入してみましょう。

これで、年賀状が出来上がりました。

ワードアートの挿入

Word2003の年賀状の作り方は次のページで説明しています

次のページへ

先頭へ戻る