ホーム> もくじ> ページ1> ページ2

グリッド線の表示方法(Word2007)

グリッド線を表示させてみましょう

Wordの初期画面では、ページは真っ白です。
文字をたくさん入力したり、行数を見ながら入力したいときは、グリッド線が表示されているとずっと楽になります。

基本のグリッド線は次のようにして表示させます。
表示タブをクリックして、リボンの中にあるグリッド線のところをクリックします。

グリッド線の表示方法

ページ上ではこういった罫線が引かれます。これがグリッド線です。この罫線は印刷されることはありません。
不要のときは、グリッド線のチェックを外せば白紙のページに戻ります。

グリッド線の表示方法

グリッド線を方眼にして使ってみましょう

グリッド線は設定を変えることによって、方眼を作ることもできます。次のようにしてグリッド線の設定を変えてみましょう。

ページレイアウトタブをクリックし、リボンの中の右端にある配置をクリックし、メニューの中の一番下にあるグリッドの設定をクリックします。

グリッド線の表示方法

このような、グリッド線の設定ウィンドウが開きます。初期の設定は下のような数値が入っています。

グリッド線の表示方法

グリッドの表示のところで、グリッド線を表示する文字グリッド線を表示する、の両方にチェックを入れ、数値を上下ともに「2」になるように変更しましょう。OKボタンをクリックして確定します。

グリッド線の表示方法

これでページのグリッド線は方眼になりました。図形の中から四角を選んで正方形を描いてみましょう。正方形を描くには、Shiftキーを押しながらマウスをドラッグします。

グリッド線の表示方法

もっと大きな方眼を作ってみます。グリッド線の設定ウィンドウで、数値を上下ともに「4」にしましょう。

グリッド線の表示方法

このように、大きな方眼が出来ました。

グリッド線の表示方法

この方眼を使えば、封筒や熨斗袋などが簡単に作れます。順々にご紹介していきたいと思います。

Word2003のグリッド線については、次のページで紹介します。

次のページへ

ページの先頭へ戻る